元証券営業マンの本音で語りたいこと

元証券マンとして証券営業の実情から投資信託や株式のことなども本音で語っていくブログです。

投資にパソコンのディスプレイはいくつ必要か|投資のパソコン環境

 スポンサードリンク

f:id:Brightfuture:20150201113037j:plain

投資を始める時、パソコンディスプレイがいくつ必要か気になる人がいるようです。

プロの株トレーダーの中には、10枚以上のモニターでトレードをしている人もいて、そんな人がトレード環境をブログなどでアップしていますから、投資を始める時は何枚ものパソコンディスプレイが必要なのではないかと思ってしまう人がいるのも頷けます。

 

投資と言っても、短期投資なのか長期投資なのかで違っている部分が大きく、必要なディプレイの数も変わってきます。

今回は、投資にパソコンのディスプレイがいくつ必要かを考えてみます。

 

投資信託の運用初心者はノートパソコン1つでもOK

まず、投資信託をこれから始める人、もしくは始めたばかりの人はパソコンのディスプレイの数は1つでも良いです。

スペックの高いデスクトップではなくても、ノートパソコン1台で十分必要な情報を取得して投資活動を行えます。

 

もちろん、ディスプレイが増えれば作業効率が上がりますので、多い方が投資でも有利だとは思います。

勉強するにしても、実際に投資行動を取るための情報収集時でも、モニターの数が増えることで効率は上がるでしょう。

もし、投資を始める上でモニターの数を増やそうか迷っている場合は、「増やせるなら増やした方が良い」とアドバイスすると思います。

その他のことも合わせて、ディスプレイが増えるとパソコンはかなり使い易くなりますしね。

 

しかし、投資に2枚以上のディスプレイが必要かと聞かれると、「NO」と答えます。

2枚以上のモニターで情報取得しないといけないほど「投資」には瞬時の判断が必要ありません。

でも、その前提は「投資を長期で行う」時です。

短期で「投機を行う」時は該当しません。

その点をもう少し説明します。

 

短期投資は2枚以上のディスプレイで行いたい

株などを短期で行う場合は、2枚以上のディスプレイがあった方がいいです。

無いとできないわけではありませんが、ノートパソコンでもデュアルディスプレイ環境を作ることは可能ですし、2万円くらいで十分良いものを買えますので、短期でバンバン株を転がそうとするなら、せめて2枚のディスプレイを用意しましょう。

 

短期で株をトレードするなら、得た情報から瞬時に行動する必要があるため、ディスプレイの数は重要です。

監視銘柄の数も増えますし、同時に監視できる銘柄が増やせるとできることが増えますので、1画面でトレードするよりも有利です。

 

短期投資を行うつもりなら、ディスプレイの数は増やしましょう。

恐らくトレードを行っている内に、同時に見たい情報が増えていくので、必要性を感じると思います。

私は3枚あれば不利はないかなと思いますが、正直多い方がいいです。

株とFXを併用する時なんかは、「もっとモニターが必要だ」と思うことは多いですね。

 

長期投資は1枚のモニターで十分

短期投資に対して、長期投資は瞬間の判断による影響が小さく、同時に取得するべき情報も無いため、(ノート)パソコン1台あれば投資を始めることができます。

スマホだけではちょっと厳しいですが、スペックの低いノートパソコンなどでも、あまり取引環境に依存しない投資ができるはずです。

 

例えば、投資信託を始めようとする時、瞬間の判断が買い付け単価や売り付け単価にほぼ影響しません。

15時までに注文を流せば、同一日の注文は全て同じ値段が付くので、モニターの数はあまり意味を為さないでしょう。

 

ETFのようなもので運用を考えていたり、個別株を長期運用する際は、瞬間の判断も重要度を持ってはいますが、長期運用することでタイミングが及ぼす影響を軽減しようとする投資なので、気にし過ぎる方がよくないですし、アプローチの方向を再考するべきかなと思います。

 

前述した通り、ディスプレイの数が増えることでパソコンで行う作業は効率が上がるため、2枚以上のパソコンディスプレイで投資を行う方が良いには良いのですが、あくまで「できたら」というレベルです。

もし、1枚のモニター環境で投資を始めるなら、あまり気にしない方が良いでしょう。

 

デュアルディスプレイ環境は場所を取る

専門外ですので、簡単な言及に留めますが、デュアルディスプレイ環境の問題点は、場所を取ることですね。

モニターは安いですし、普通のスペックのノートパソコンでも十分2枚モニター環境で動くのですが、机は選ぶでしょうし、場所の確保に悩む場合は多いと思います。

 

技術的、金銭的な意味で、2枚モニター環境を作って投資を始めるのは意外に簡単ですが、場所の問題をクリアできるかが最も課題になるかなと思います。

もし、場所は確保できる人なら、もう一枚ディスプレイを買ってデュアルモニター環境を整備することをおすすめします。

とっても便利ですので、投資の知識を付けるための勉強時も、投資行動を取る決定時にも役に立つと思うので、検討している方はコスパの優れた投資になると思うので、考えてみて下さい。

 

まとめ

今回は、「投資にパソコンのディスプレイはいくつ必要か」を説明してみました。

長期投資で、値段のブレが少ないものなら1枚で十分ですが、短期で株やFXをやるなら2枚以上のモニターで行う方が良いです。

 

ハードルは場所になると思うので、もし部屋の模様替えでどうにかなるのなら、多少面倒でも環境を整える方がいいかなと思います。

かなり便利になるはずですし、その投資に見合ったパフォーマンスは期待できます。

 

色々な問題でノートパソコン1台で投資を始めるなら、環境で不利を受けないように長期投資で投資を考えていけば、あまり不利を受けずに済みます。

逆に言えば、短期でゴリゴリ株やFXをやるなら、経験上、1枚のモニターでは不利を受けると思っています。

 

環境整備が可能な人で迷っている人は、デュアルディスプレイはとても便利なので、検討してみましょう。

技術的な壁はかなり低いですよ。

 

関連記事:

広告を非表示にする